即日融資キャッシング

どうしても今日中にお金を借りる必要がある、そんなときありますよね。 しかし、銀行でローンの融資を受けようとしても準備する書類がたくさんありますし、銀行の営業時間でない時間に申し込もうとしても、申込すらできません。 仮に申込ができたとしても、そこから審査までには時間がかかりますし、審査に通ってから実際に融資が実行されるまでにも時間がかかります。 そうなると、その日のうちにお金を借りるなど夢のまた夢です。

その日のうちにどうしてもお金を借りたいなら、やはり銀行や消費者金融で取扱をしている「キャッシング」でしょう。 キャッシングは、申込から融資実行までがスピーディーなのがメリットです。 うまくいけば、申し込んだその日のうちに融資が実行されるなんてことも夢ではありません。

※銀行は即日融資のカードローンを縮小傾向です。
銀行、個人向け即日融資停止へ カードローン縮小

キャッシングはネット申込みでスムーズに即日融資

銀行や消費者金融のキャッシングでは、お客様の利便性をより高めるため、様々な申込方法を用意しています。 機械が苦手という人は、従来ながらの店舗窓口や郵送がいいでしょうし、初めての即日融資のキャッシングであればその場で何かと相談できる電話がいいでしょう。

しかし、電話をのぞいてはいずれもやり取りに時間がかかってしまいます。 店舗窓口は店舗が閉まっていては申込すらできませんし、郵送は郵便物のやり取りに時間がかかってしまうもの。 より迅速さを重視する人であれば、ファックスや自動契約機、そしてインターネットという手があります。 しかしファックスでは、書類を取り寄せたり自分で申込書に必要事項を入力したりするのに時間がかかる可能性も。 そうなると、最もスピーディーに申込から融資までこぎつけられるのは、自動契約機かインターネットとなります。

自動融資であれば、申込から審査、そしてカードの発行から融資実行までその場でできるので、一見非の打ち所がないように思えます。 しかし、中には近くに自動契約機がない、そんな人もいるでしょう。 そうなると、いつでもどこからでも申し込めるインターネットが、即日キャッシングできる可能性が最も高いことになります。 最近では、パソコン以外にもスマホから申込が可能な業者も増えています。

今すぐ1万円など即日融資で少額のお金を借りたい方は「お金を借りる即日融資ガイド110番」に詳しく記載しています。
今すぐ1万円借りる方法

インターネット申込の手順

では、消費者金融の即日融資のキャッシングをインターネットで申し込むにはどうすればいいのでしょうか。 現在、インターネット回線に接続できる端末としては、パソコン、携帯電話(ガラケー)、そしてスマートフォンがあります。 この全ての端末に対応している消費者金融は、相当進んでいます。

端末は違えど、申込の手順はさほど変わりありません。 消費者金融のサイトにアクセスをしますと、ページ内に「申込」のボタンがありますので、そこにジャンプします。 すると、必要事項の入力画面が表れますので、全て正直に入力しましょう。 キャッシング会社によって入力する項目は多少違いがあります。 しかし、氏名や生年月日などの本人情報、住所や居住形態、電話番号などのお住まいに関する情報、勤務先や雇用形態、年収といった勤め先に関する情報、借入希望額、そして他社からの借入はほぼ必須入力項目です。 全て入力したら、そのデータを送信すれば申込は完了です。

申込が完了したら、次は審査結果を待ちます。 中には、このタイミングで電話で勤務先への在籍確認をするところもあります。 最短で30分程度で審査結果の回答がメールもしくは電話で送られてきます。

メールや電話で融資が可能という回答が来たなら、次はいよいよ契約です。 契約の際には、本人を確認する書類(運転免許証など)の提出が求められます。 限度額によっては、それ以外にも収入を証明する書類(源泉徴収票など)の提出を求められるかもしれません。 インターネット申込の場合、書類の提出もインターネットを使って行えます。 カメラ機能つきの携帯電話などで書類を撮影して、そのデータを送信すればいいのです。 郵送すると数日はかかってしまいますが、これならば瞬時に送信が完了します。

プロミスのインターネット申込みのやり方は以下です。。
プロミスWebからのお申込み

ネットで即日融資キャッシングの注意点

インターネットで即日キャッシングをする際には、以下のことに注意が必要です。
まずは申込の時間です。

24時間365日申し込みを受け付けてくれるインターネットですが、だからといって24時間審査をしているわけではありません。 夜遅くの申込となりますと、さすがに即日キャッシングは難しいので、できるだけ早く申込しましょう。

仮に審査が通ったとしても、実際に振込みしてもらえるのが翌営業日になる場合も。 それは、業者の営業時間と大きく関係してきます。 レイクの場合、新生銀行の営業時間との関係から、平日の14時までに申込と書類確認が完了した場合にのみ、即日キャッシングが可能です。 その日のうちに振り込んでもらいたい場合には、業者の営業時間を確認した上で、その営業時間終了の1時間ほど前には手続きを完了させておきたいところです。

そして、インターネットで申込から契約まで済ませた場合、キャッシングカードは当然その日のうちには手にできません。 キャッシングカードは後日郵送で送られてきますので、どうしてもその日のうちにキャッシングカードがほしいのであれば、自動契約機を使うほかありません。 しかし、口座への振込みでも口座のキャッシュカードさえあればお金を引き出せますので、あまり不便を感じることはありません。

キャッシング即日審査

■年収
まずは、十分な返済能力があるかを審査する上で、年収を重視しています。 もちろん、収入が多いに越したことはありませんが、「収入が多いこと」よりも重要なのは「収入が安定していること」です。 いくらある年の年収が高くても、その次の年収がガクッと落ちてしまったのでは、安定性に欠けます。 あまり多い年収でなくとも、毎年同じ程度の年収が続いていれば、継続安定した収入となり審査にも有利に働きます。

■仕事
年収と同じくらい大切なのは、仕事です。 正社員や公務員が最も有利ですが、パートやアルバイトの人でも最近は融資可能なキャッシングも増えてきました。 どんな仕事をしているか、どんな雇用形態かと同じくらい重視されるのが、勤続年数です。 職に就いて1週間しか経っていない正社員より、勤続4年のアルバイトの人の方が審査では有利となります。

■他社からの借入
申込みをするキャッシング以外にも別の業者からお金を借りている場合、他社からの借入も重要な審査の対象となります。 借入の種類によって審査への影響も異なり、住宅ローンやマイカーローンはあまりマイナスとはなりません。 マイナスとなるのは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどです。 しかし、その借入を計画的に返済していることをアピールできれば、マイナスの影響を最小限にとどめることができます。